ウーマン

うつ病の予防の為にサプリを飲もう【有効成分を要チェック】

  1. ホーム
  2. 薬とは違う

薬とは違う

ドクター

それだけに頼らない

うつ病の治療は精神科や心療内科で行いましょう。自力で治すのは難しく、そもそも自身でうつ病だと気づくことすらできないと言われているからです。少しでもおかしな症状が出ているのなら、まずは専門科で診てもらうことをお勧めします。しかし、多くの人は精神科や心療内科を受診することに抵抗を持ち、なかなか受診することがありません。そこで、市販のサプリを利用してだましだまし、自身で治療を行う人も居ます。もちろん、市販のものでもたまたま症状に効果的なものが見つかることもあるので、これが悪いとは言えません。サプリによって体調が改善することもあるので上手に使いこなしてみましょう。ただし、うつ病患者の中でも重病化している人は、サプリだけで症状が改善されないことの方が多くなっています。というのも、サプリは薬とは違うからです。このような場合には、きちんとうつ病患者向けの薬を専門科で処方してもらい、治療を進めていきましょう。また、主治医によっては薬とサプリを併用することもあります。もちろん、患者によって症状が違うからです。できるだけ薬を使わず、自然治癒力を高めるためには副作用のないサプリの方が適していることもあります。ただし、素人判断はいけません。主治医のアドバイスを参考にして、うつ病の治療を行っていきましょう。それから、薬だけ、もしくはサプリだけに頼らないようにすることも大切です。いつかどちらも使わずに済むようにするためには、自然治癒力を高める必要もあるからです。症状が軽くなってきたら、徐々に薬もサプリも減らしていきましょう。最終的には何に頼ることもなく、元気に暮らせるようにすることが一番です。そのためには、薬とサプリを減らしていくことが目標と言えるでしょう。また、サプリには様々な種類があり、中には必要な栄養素を手軽に摂取できるタイプもあるので、必要に応じて使い分けてみることも大切です。特に、食欲不振で体重が減少している人は栄養不足となりがちなので、栄養素を補うという意味で利用してみるのもいいかもしれません。