ウーマン

うつ病の予防の為にサプリを飲もう【有効成分を要チェック】

  1. ホーム
  2. 体質改善で治療を高める

体質改善で治療を高める

錠剤

薬にはないメリット

うつ病は強いストレスなどが原因となり、精神的および身体的に様々な症状を引き起こします。根本的な治療として医師やカウンセラーとの対話を軸に問題解決を図りますが、複雑な問題が絡み合っていることも多く迅速な解決は難しい場合も少なくありません。また仕事や学業と並行して治療していく場合、割ける時間が少ない分なかなか前進できないこともあります。そんなとき、日常生活に支障をきたしているような症状に対して対症療法的に薬を使うことがよくあります。身体的な症状に対する薬の使い方は明確で、腹痛や下痢、便秘があれば整腸剤、頭痛があれば鎮痛剤というように症状を治めるために使っていきます。この場合は、患者自身も気付きやすいのでどの薬を必要としているか分かりやすく、比較的対処がしやすいです。一方で精神的な症状は本人がうつ病からくるものだと自覚すること自体に時間がかかることもあり、また症状が曖昧なため薬を使ってみてから効くかどうかを判定することもあります。個人差も大きく、似たような症状でも作用の程度に幅があります。このように治療が難しいうつ病ですが、最近では薬の他にサプリに頼るという方法も取り入れられています。サプリと聞くと、効果が曖昧だったり薬より弱くてあくまでも治療の補助というイメージがありますが、複雑な原因が絡み合うことで発病するうつ病に対しては多角度からケアしていくことが有効です。そのため、科学的な作用により症状の緩和を目指す薬と違い、血行を良くしたり不安やイライラを和らげたり睡眠の質を高めたりと、心と体のバランスを整えて治癒力を底上げするような目的で使用されます。サプリを利用するメリットは、医薬品ではないので薬局やネット通販を通じて自分で自由に手に入れられる点です。医薬品は飲み合わせや副作用など気を付ける点が多く、自分で自由に調節はできません。またうつ病の症状、特に身体的症状は実際にその部位に原因があるわけではなく、検査をしても異常が見つからないことが多いです。そういったときは薬ではなくサプリに頼るのも一つの手です。サプリを利用する際は、医薬品でカバーしきれない症状があるときや全体的な体質を改善して治療効果を高めたいときなどがお勧めです。